玉止め

通常となるミシン縫いの場合
開始と終了の玉止めは全ての箇所に「ひとつ結び」をしっかりと止めます
手縫いが必要な場合
ミシン縫いが不可能や困難な綿詰め作業の口止等。
開始と終了は全て「基本的な玉止め{ひとつ結び・強化版}」にてしっかりと止めます。
釦縫いの場合
開始と終了を一緒にして「ひとつ結び」を二回繰り返してしっかりと止めます
理由
  • 糸を輪にする事によって布地から見える糸の長さが増えて余分な圧力を軽減
  • 更に輪を重ねる事によって糸のほつれ防止にも繋がる
  • 開始と終了の位置が極めて近いので同時作業が可能
  • 裏面から見ても玉止めが一つだけなので見栄映えが良い